コンコーディアの教育メソッド

世界が認める優秀な人材をたちを、【海外大学の学位/英語力/異文化理解力/海外就職経験】を通して成功に導くことがコンコーディアの最大の目的です。

コンコーディアの
教育メソッド

世界が認める優秀な人材をたちを、【海外大学の学位/英語力/異文化理解力/海外就職経験】を通して成功に導くことがコンコーディアの最大の目的です。

コンコーディアの教育方針

コンコーディア国際大学 (Asia and the Pacific Education Center)は、アメリカの本教育財団をはじめカナダ、日本、韓国、イタリア、フィリピンなど、全世界11か国に分校を置いており、各国の現地16の拠点で教育センターを運営しています。
コンコーディアは、このような大規模な大学のネットワークをもとに、世界の有名大学、教育機関との学術交流ならびに業務協約を通じ、実践的な教育課程を開発する研究大学として位置付けられています。
コンコーディアは、革新的な教育制度実現のために海外名門大学との編入過程開発に邁進しており、これは時間的空間的障壁を乗り越え、グローバル人材を養成して、彼らの生活と全世界のグローバル化のために非常に価値のあるものになるでしょう。このため、全世界の大学優秀教育課程を学習することができる、柔軟で革新的な学習システムを構築し、これをより一層拡張させていきます。これにより、より速く、より安価な費用で学生が国際的に認められた高等教育機関で学位を取得できるようになり、コンコーディアはより広い教育と学位の出口を用意するプラットフォーム大学として過去15年の間に発展をしてきており、今後も持続的に発展を図ります。

Vision

世界が認める優秀な人材をたちを、【海外大学の学位/英語力/異文化理解力/海外就職経験】を通して成功に導くことがコンコーディアの最大の目的です。海外経験が、学生の目標を叶える手段として最大限活きるようサポートしています。教育は学生の夢を育て、無限の潜在力を発現できるものであるべきです。従来の日本の教育のように、協調性や忠誠心を学ぶ教育だけでは、世界を舞台に活躍する人材を育てることができません。多くの日本人がもっと世界に目を向けて、広いグローバル市場でより多くのキャリアに繋げることが最大のビジョンです。